読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべののログ

私自身の、ログです。意見いただけると嬉しいです。Twitterしてます→https://twitter.com/abenono123

昔は~…

日常で昔と比べることがよくありますね

 

昔はよかったとか昔はこんなんじゃなかったとか

よく聞きます。そういった声を聞かなくても、様々なところで比較するのにつかわれるのは、昔のこと。

これらからはまるで昔がすべて正しい、あるいは、昔が素晴らしく今は引けを取っている。そのようなメッセージを受けている気がします。

(同時にこのままでは碌なことはないぞ、と言われている気もしますが今は置いておいて。)

 

いやいや

現代の科学技術、利便性には目を見張るものがあって…劣っているわけでは…

 

いけませんね。浅はかで未熟な高校生が現代の最新技術を語るなんて。失礼でした。

もう少し勉強を積みます。

 

話は戻りますが

昔にだって悪いことはあったはず 今が昔に引けを取っているかのように評価されてしまうことがあるのは 苦労少なし というように感じてしまうからではないでしょうか。

洗濯でいえば、昔は洗濯板でせっせかせっせかやっていたのが今ではボタン一つ。

たしかに洗濯するほうの苦労は少ない。けれど、ボタン一つの洗濯機にたどり着くまで苦労は多かったのでは。

 

昔があるから今があって(これまた受け売り)、また、未来になれば昔は

よかった、と今を振り返る(多分)。つまり今は(おそらく)良いのでしょう!はい。

 

それでも昔と今を比べてみるのは面白いですから、昔を知るという意味でも比較はよいと思います。ただそこで優劣としてはっきりわけるのではなく、教訓を得られればいいのでは、と思っています。

 

今回も論点がぽんぽんとずれる痴がましい独り言でした…