読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべののログ

私自身の、ログです。意見いただけると嬉しいです。Twitterしてます→https://twitter.com/abenono123

自分の言葉は相手に影響をあたえる!

自分の言葉は相手に影響をあたえる!

 

…なんて思っちゃだめ。だと思います。

 

どうしても、コミュニケーションをとるとき_一対一で相談をうけていたり、話をしていたりするとき_

無意識のうちにこう思ってしまいがちです。

 

しかしこれは自然なことかもしれません。

話をするときは、誰かが聞いてる という意識が誰にでもあるのですから。

 

むしろ、そういう意識がなければ

話をする気にもならないでしょう。

相手を思いやって話すこともできません。

 

私の言葉は相手に影響をあたえる!

こう思うのを

私ははっきりいって傲慢だと思います。

ダメとはいいましたが、批難してるわけではありません。人間の感情のなかに無意識の傲慢さがあるんだなぁと思った程度の軽さのダメです。

 

醜い感情。アァ人間って傲慢なんだなぁ、自分が嫌だなぁ、

そう思う方もいるのでは。

しかし、人間の傲慢さで

会話は成り立つ。人の気持ちや行動をかえられる部分がある。

 

もってるものはしょうがない。

愛しましょう。

 

 

話は少し派生して。

 

相談に乗るとき。

話すことがすべて正しいわけでもなく、

あくまでもアドバイス程度のことであるのに、

相談されたら、「自分に相談してくれているのだから、相応しいこと言わないと」という意識が強まる。強まって結局「ごめん…何も言えないや…」のようにうまくいえない。悪循環です。

  

うまくいえないなら、うまいこと言おうとしなくていいと思います。

自分の言葉は相手に影響あたえる!その考えを払拭してみては。

 

受けとる側はリテラシーをもって

すべてを鵜呑みにせず、必要なところだけとって気楽に受け止める。

 

アドバイスはすべて当てはまるわけではありません。

必要なところだけとって、判断できればいいんです。

 

沢山アドバイスもらったのに

活かしたのここだけだった…

それでもいいじゃないですか。

 

たしかに、沢山アドバイスをくれた方には申し訳ない気もする。

しかし、少し戻って考えてみれば、生きることのほうが大切だから相談したのです。

それなら、そこまで気にすることはありません。

 

うけとった言葉は他にも活きるかもしれない。

 

 

(受けとる側が言われたこと、聞いたことはすべてとりこまなきゃ!!!ではなく、

あくまで情報の一部。どれが正しいか。

と取捨選択できる前提だと言ったけれど、

実際そうなのであろうか。)

 

 

あああ。自分の言葉は相手に影響あたえる!という考えを完全に捨てて話すようになったら、それは無責任(とよばれるもの)です。

矛盾に溢れますね。難しい。

 

この記事も結局情報にすぎません。

だから、誰かに声かけるのに困ったときとかに

これを思い出して気楽に話せればいいのではないでしょうか。

 

何も言えないや。ごめん。とかいうシチュエーションはグッと減る。

 

 

 

相談のこと以外でも当てはまることがありそうです。

 

高一の終わりに(序2)

一年たって、やっと、大学受験がわかってきました。

 

大学にいきたい理由はあるのに

そこに到達する手段を知らないのでは

とにかくまわりみちだな

と思っていますがそんな話はさておき。

 

わたしの通う学校は、大学受験を希望する人がほとんどです。高1から勉強量をこなすカリキュラム。…私立でいう特別進学とかそういうことです。

 

それで、大学入試に意識を向けてやってる人がぼちぼちいるわけです。

高一の終わりに(序1)

全国統計とにらめっこしあって…

分かりやすい表現に変えますか…

 

全国偏差値を気にしはじめて…

 

・・・

 

高校生になって、もう少しで

約一年になります。

 

全国統計、偏差値を枕にしたのも

今回の内容がそういう感じだからなのですが。

 

高校生になって、自分の下積みの最終学府をきめ、

それにむけて準備を重ねているわけですが…

※いわゆる受験勉強…

 

 

続きます

 

 

あまあま

前に日曜日にまとめられたら~の記事…

 

見てる人いないか…

あとでもいいか…と思って

一旦非公開にしました。

 

自身のログとかいっておきながら

その辺はあまあまです

価値。

価値ってなんでしょうね。

 

最近よく考えます。

価値。

 

価値。

 

 

価値ってあとから決まるものだと思うんです。自分の意思で。

 

自分の意思で価値は決められる。

 

 

後悔したり、失敗したり、その時々、

がっかりします。

もっとうまくやれてたらな、とか。やらなければよかったなとか。

 

でも、それを『後悔』『失敗』と形にするのは

自分ですね。

 

どれだけ失敗しても

どれだけ最悪でも

 

あとから自分の行い、考えによって

美しくすることもできるし、糧にすることもできる。

 

これまでの自分がやったことを

これからの自分が形にする

 

起きたことはまだ価値が決まっていない。

東大の家賃補助

 

東大の家賃補助のニュース。

LINENEWSでも

Googleのおすすめ記事にも

話題が出てきて

 

東大という文字に食らいつくようにページを

開いています。

 

東大の家賃補助に関しては、不平等だという意見が多いようです。

 

LINENEWSでは『男性差別 これが男女逆だったら大騒ぎするだろ』

他では、『男だって経済的理由で諦めているひといるのに…』

などなど。

 

たしかに。不平等なのかもしれません。

国公立は税金も絡む。平等なイメージがあり、

国公立でこんなことしていいのかー!

と声が上がるのも無理ないでしょう。

 

しかし、

東大は、女学生の比率をあげたい。

そう言っているわけです。

 

つまり目的は女学生を集めること。

たしかに。たしかに、経済的理由で東大を諦める男性の方には不服だと思います。

しかし目的がそこにあるなら

経済的理由で東大を諦める男学生(?)とこの件は関係ないのではないでしょうか。

 

 

また、女学生を集めたいというのも、少なからずや理由があるはず。

 

 

家賃補助制度ができて、東大に女学生が増えれば相対的に高級公務員と呼ばれる職に就く方も増えるでしょう。

女性の社会も促進されるのではないかなと。

 

女性の社会進出があれば、労働力が補われて社会福祉も充実していくと思います。(少子化の懸念もあるとは思いますし、女性の社会進出を支える仕組みもさらに大切になりますが。)

 

とか思いました、わたしは。

 

 

否定的な意見が多いけれど、それを

否定のみで終わらせるのは、

生産性がなさすぎる。

なにか意見するというのが義務だとしても

こうすればいいのに 位は言う責任があるんじゃないのかなと、

 

思った今日の昼下がりでした。

 

 

 

 

 

スタートライン 需要のない報告

9/5は私にとって特別な日で

 

(たいしたことはありません。ただ、夏休みが終わって落ち着いてきて9/5をスタートにしただけです。)

 

特別な日以来、テストと言うテストは今のところ全て満点ということで(小テストですが)これから

継続して100点をとっていける気がします。

 

(というように都合よく考えたらいい影響が出るのではないかと期待しているだけです)

 

 

ですが、ほんとうに、

定期試験で複数教科満点はとったことないけれど、狙おうと思っています。

 

試験が終わって模試が終わって

成績が少し安定したら、気持ちに余裕ができたら

logをちょくちょく更新しようと思います、はい

 

という需要のない報告でした